K.Toshiyasuくん【鳥取大学合格】

出身校:旭丘高校(2020年卒業)
卒業後の進路:鳥取大学医学部医学科

受験体験記

 英語には読む、書く、聞く、話すという4技能があり、大学受験では4技能それぞれの問題が出題され、受験生の英語の総合力が問われるようになっている。したがって受験勉強では、まず英語の基礎的な力をつけ、次にその力を4技能それぞれの対策に応用する必要があった。

 まず、英語の基礎的な力としては、構文力、文法力、単語力があげられる。僕は、文法は塾での解説授業で、構文と単語は宿題で学習をし、次の塾の授業でそれぞれ確認テストをしてもらっていた。工夫していた点は構文も単語も授業で扱った文法範囲や長文などに関係するものを選び暗記した点だ。授業のペースで学習する方が単語帳や構文集をはじめから暗記するよりも定着が早く自分に合っていたからだ。人によって得意不得意があるのは当然なので、自分の特徴にあった勉強法を考えて効率よい学習をすることが大切だと思う。

 次に、基礎的な力に基づく4技能対策だが、最初に大学ごとの入試傾向を知る必要がある。リスニングの有無や大問ごとの配点などだ。例えばセンター試験では長文読解の配点が高く、主張を読み取る力が必要になる。僕はたくさんの文を読んだり、様々なジャンルの英文記事を読んだりすることで長文に慣れ主張の一文を拾う練習をして対策した。このような対策では先生方や先輩などを頼り、教えてもらおうとする姿勢を持つことが大切だと思う。僕は読むべき長文や自分に合った参考書を塾での授業で教えていただいた。

 最後に、英語は将来どんな場面で使いたいかを考えながら勉強することが重要だと思う。英語学習の最終的な目標は使うことであり、英語は受験の道具だけではない。自分の将来像を思い描くことは学習の効率を高め、今すべきことも明確にする。広い視野を持って英語学習を進めることが大切だ。